物を減らすと、何がいいのか。

シェアする

自分の家に物が多いと、なんとなく罪悪感を感じますね。
かといって、すぐに物を減らす気にもなれず。

私も実家にいる頃はそうでした。
特に緊急性もないし、それなりに物を持ったまま生活していました。

ところが、結婚に伴う引っ越しを機に、重い腰をあげて物を減らすということを実践してみました。
今日までなんとかリバウンドせずに暮らせていると思います。自分では。

物のある生活から、物を減らした生活に移り、よかったことをまとめてみます。

物を減らしてよかったこと7つ

1.小さな部屋も広く見える

物が少ないと、小さめの部屋でも床がたくさん見えます。
すると、実際の広さよりも部屋が広く見えるようになります。

2.掃除の手間が減る

部屋が広ければ広いほど、掃除機にしろ箒にしろ、掃除するのも大変です。
物が多ければ、どかして掃除をしなければいけない場面も出てきます。
どうしたってホコリもたまりやすくなります。

物が少なければ、部屋が小さいため、掃除をする面積がまず減ります。
さらにホコリのたまりどころも減らすことができます。

3.家賃が下がる

家というのは、広くなればなるほど家賃が上がります。
小さい部屋を借りたり、買ったりすることができれば、それだけ家にかけるお金を減らすことができます。

4.探しものの苦労が減る

物が多いと、そもそも探しているものを持っているかどうかすら怪しくなります。
物が少なければ、自分が何を持っているかは覚えておけます。
また、置いている場所も少なくなるので、「あそこかあそこだな。」とすぐに見当をつけられるようになります。

5.歩きやすい

物が少ないと、無理な体勢で部屋を歩く必要がなくなります。
物が多ければ、物をよけたり、ぶつからないようにしたりしなくてはなりません。
家族が何人か住んでいれば、一人通ると通れなくなり、待たなければならない場面も出てくるかもしれません。

6.今ある物を大切にできる

残っている物は厳選して残した物になります。
好きな物やお気に入りの物ばかりになるので、一つ一つの物を大切にすることができます。

7.なんとなくかっこいい

これは私だけかもしれませんが、少ない物で工夫して生活できていると、かっこいい感じがします(笑)
見た目にもごちゃごちゃしていなくて、スマートな感じがしますね。

まとめ

物を減らすことで、家事の手間、かかるお金・苦労が減る。
かっこいい暮らしを実現できる。

コメント

  1. たけのこボーイ より:

    はじめまして。
    私も昔は家に本が溢れる環境で生活していましたが、
    ある日、読みたい本を探すために1時間以上時間がかかっていることに気が付き、
    整理を始めました。
    なので、センさんが書かれていた「探しものの苦労が減る」という観点はすごく共感できました。
    これからも頑張ってください。

    • sen より:

      >たけのこボーイさん

      コメントありがとうございます♪
      物が多いと、探し物も大変ですよね。
      本が溢れている中で整理に取りかかるのは、思い切りがいることだったと思います。
      すごいですね!